「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

鯉のぼりいつから飾る?2024年のしまう時期と武者のぼりについても合わせて紹介

アイキャッチ画像 アウトドア
写真提供:佐賀県観光連盟

鯉のぼりいつから飾る?2024年のしまう時期と武者のぼりについても合わせて紹介します。

鯉のぼりは日本の伝統行事として季節を彩る装飾品ですが、意外に知られていないことも多くあります。

私自身も春先になると、いつから飾って良いのかな?しまう時期はいつ頃かな?と毎回調べてしまいます。

また、田舎の私の地域では、鯉のぼりだけではなく、武者のぼりも掲げる風習があります。

そもそも、鯉のぼりや武者のぼりにはどういった由来があるのでしょうか?

本記事では、鯉のぼり武者のぼりについて深く掘り下げ、飾る期間やその由来、メンテナンス方法まで紹介します。

鯉のぼり武者のぼりはいつから飾る?

鯉のぼりや武者のぼりは、日本の伝統的な風物詩であり、季節行事や家庭の装飾に欠かせない存在ですね。

しかし、多くの方が気になるのは、いつから飾り、いつまで飾るべきか?ではないでしょうか?

Kawakami Gorge Spring Festival
写真提供:佐賀県観光連盟

飾る期間

鯉のぼり武者のぼりを飾る期間は、厳密に決まっていないようです。

一般的には、3月下旬から4月下旬までに飾られることが多いですが、天候が不安定な時期なので、天気の良い日を選んで飾ることをおすすめします。

では、いつまでの飾れば良いのでしょうか?

鯉のぼりをしまう期間も具体的に決まりはないようです。

一般的には端午の節句の後、梅雨入りする前までの天気の良い日に空干し、しまうことが多いようです。

長く飾り続けることもできますが、季節の変化や風物詩としての意味を考慮すると、鯉のぼり武者のぼりを飾る期間は、3月下旬~5月中旬を目安に良いでしょう。

鯉のぼり武者のぼりの由来

鯉のぼりの起源と意味

鯉のぼりの起源は、中国の伝統的な行事に由来しています。

中国では、鯉は力強い生命力や成功への願いを象徴する動物とされており、端午の節句に鯉のぼりを飾る習慣がありました。

日本においても、平安時代から鯉のぼりの風習が伝わり、子供たちの健やかな成長や家族の幸せを願う行事として定着しました。

武者のぼりの起源と意味

武者のぼりは、武者の姿を模した立派な旗が特徴的ですが、日本の戦国時代の武士の勇気や精神を称えるために生まれたものです。

戦国時代には、武者たちが自らの家紋や旗印を掲げて戦場に出陣し、その勇壮な姿が後世に伝説として残りました。

これは、武士の勇気や誇り、更には、子供たちに勇気や精神力を与え、家族の絆や誇りを象徴する重要な存在となっています。

Koinobori
Koinobori
毎年楽しみにしてくれています。

鯉のぼりと武者のぼりは、それぞれ異なる起源や意味を持ちながらも、日本の伝統や文化を象徴する重要な装飾品として、今日でも多くの家庭やイベントで愛され続けています。

鯉のぼり武者のぼりのメンテナンス方法とお手入れポイント

鯉のぼりや武者のぼりを長く楽しむためには、適切なメンテナンスが必要です。

風雨による損傷の修復

風や雨によって鯉のぼりや武者のぼりが損傷することがあります。

・破れた部分や糸が切れた箇所などを修復するために、補修キットや補強テープを使用しましょう。

・早めの修復が、長持ちさせるための重要なポイントです。

私は、このテープで補修しました。


定期的な点検

鯉のぼりや武者のぼりは風にさらされることが多いため、毎年、飾り初めと終わりに点検を行いましょう。

・糸の緩みや異常な摩耗、柱や支柱の安定性、ロープの損傷などを念入りに確認しましょう。

・損傷が確認された場合は、必ず修復したうえで飾るようにしましょう。雨風であっという間に損耗がひどくなります。

定期的な洗浄

鯉のぼりや武者のぼりは、風雨や日光にさらされることが多いため、ワンシーズンでかなりの汚れを蓄積します。

片付ける前に洗浄し、保管しましょう。

・柔らかいブラシやスポンジを使って、優しく洗浄しましょう。

・特に汚れが目立つ部分は、中性洗剤を薄めた霧吹きを使用し、丁寧に洗いましょう。

保管方法の確認

鯉のぼりや武者のぼりは、シーズンオフには適切な保管が重要です。

・天気の良い日の朝に洗浄し、鯉のぼり武者のぼりを再度掲げ、乾燥させましょう。

・しっかりと乾燥したことを確認し、汚さないように回収しましょう。

・出来る限り丁寧に折りたたみ、シワや折れにも注意しましょう。

・シリカゲルを同封し、カビ対策をしましょう。

・暗い場所に保管し、直射日光や湿気を避けましょう。


まとめ

鯉のぼりいつから飾る?2024年のしまう時期と武者のぼりについても合わせて紹介しました。

子供たちの健やかな成長や家族の幸せを願う行事だからこそ、毎年欠かさず飾りたいものですね。

そのためには、メンテナンスとお手入れを丁寧に行うことで、長く美しく保つことができます。

日本の伝統行事として季節を彩る装飾品なので、いつから飾るのかも正しく理解し、情緒あふれる風景を楽しみましょう。

コメント