「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

サーフィン中の車の鍵はどうする?サーファー必読のおススメ鍵管理術

アイキャッチ画像 スポーツ

サーフィン中の車の鍵はどうする?サーファー必読のおススメ鍵管理術を紹介します。

私はサーフィン歴25年程になりますが、これまで2度、車上荒らしにあった経験があります。

それ以降、サーフィン中に車のことが気になり、楽しいひとときが不安になって台無し。

リラックスしたサーフィンができなくなってしまいました。

では、車の鍵はどのように管理した方が良いのでしょうか?

今回は、海での鍵管理を徹底的に考え、安心してサーフィンができる防犯対策をご紹介します。

サーフィン中の車の鍵はどうする?

まずは、どのような選択肢があるのでしょうか?

海の中に持って行く?キーボックスに保管する?誰かに預ける?など、選択肢はいくつかあります。

安全かつ、紛失させない対策を考えてみましょう。

失くさないための対策

キーケースや防水バッグ、キーポケットの利用

鍵は肌身から離さない方が安心という方は、キーケースや防水バッグ、キーポケットを利用しましょう。

キーケースはウェットスーツ内側に取り付けるか、リーシュコードに繋げることができ、防水バッグを使用すれば、鍵を水から守ることができます。

キーポケットは、ウェットスーツや海パンのポケットであり、ポケット内のヒモと装着しておけば、大切な鍵を紛失する心配がありません。

当然、無くしてしまえば意味がないため、しっかりと密閉され繋がっていることを確認しましょう。

キーボックスでの鍵管理

海の中に鍵を持って行くことは不安という方は、キーボックスがあります。

錠前式や暗証番号式など、さまざまなタイプがありますが、自分に合ったものを選びましょう。

耐久性や防犯性、取り付け方法を検討して、海でのサーフィンを安心して楽しんでください。


スマートキーの悩みを解決:海での紛失対策

最近の車の鍵の多くはスマートキーです。

車の鍵の開閉には便利ですが、海での紛失は心配ですよね。

ここでは、スマートキーの紛失対策について考えてみます。

スマートキーの防水ケース選び方

スマートキーは水に弱いため、防水ケースが必要です。

選ぶ際には、キーのサイズに合ったものを選び、しっかりと密閉できるものを選ぶことが大切です。


スマートキー用のキーボックス利用法

海の中に持ち込むのは不安だし邪魔だという方は、キーボックスを使う方法もあります。

ただし、スマートキーの場合は、耐久性や防犯性だけでなく、電波の遮断も考慮しましょう。


その他の防犯方法

行きつけのサーフショップへ鍵を預ける

信頼できるサーフショップに鍵を預けることも一つの方法です。

これによって、手ぶらでサーフィンを楽しむことができます。

ただし、鍵の受け渡しや注意事項について、事前にしっかり確認することをお忘れなく。

車載用防犯カメラとの組み合わせで二重防犯

さらなる安心感を求めるなら、車載用防犯カメラとキーボックスを組み合わせて使用することもおすすめです。

カメラが車の周囲で動く人を感知し自動で録画します。

二重の防犯対策で、サーフィン中の安心を実現しましょう。


バックや財布類を車内で見える場所におかない

経験談ですが、助手席にバックを置いてサーフィンした際に、助手席の窓ガラスを破壊され、バックごと盗難にあいました。

バックや財布は必ず足元の見えにくい場所に置き、かつ、タオル等で隠しておきましょう。

サーファーレビューを参考に

キーボックスを選定する際、サーファーたちの声や評価も参考にしながら、おすすめのキーボックスを選ぶのも一つの方法です。

ユーザーレビューや口コミを通じて、実際の使用感や耐久性を知ることができます。

信頼性のあるブランドや人気商品を選ぶことで、自分に合ったキーボックスを見つける手助けとなるでしょう。

まとめ

「サーフィン中の車の鍵はどうする?サーファー必読のおススメ鍵管理術」として、おすすめの鍵の管理方法とキーボックスなどの防犯対策について紹介しました。

今はスマートキーが主流であり海水で濡れてしまうのはNGなので、キーボックスでの管理が主流です。

これらの方法やアイデアを駆使参考にして、サーフィン中の鍵管理を徹底的に強化し、安心して楽しいサーフィンライフを存分に味わいましょう。

コメント