「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

アムウェイやばい?その理由と歯磨き粉やシャンプーなど商品についてレビュー

アイキャッチ画像 インドア

アムウェイやばい?その理由と歯磨き粉やシャンプーなど商品についてレビューを紹介します。

アムウェイ(Amway)は、多くの方にとって馴染みのある名前ですが、その正体はいまだに謎めいています。

妻がアムウェイの商品のユーザーということもあり、結婚を機に私自身も多くのアムウェイ商品を使用するようになりました。

歯磨き粉やシャンプー、浄水器は日常的に使用していますが、私自身は率直に良い商品と感じています。

しかしインターネットで検索してみると、「アムウェイやばい」など、ネガティブなコメントを多く見かけることもあります。

なぜ、このような「アムウェイやばい」とネガティブなイメージが先行しているのでしょうか?

いちユーザーとして、客観的にアムウェイの商品について使用した感想を紹介し、本当にアムウェイはやばいのか?その理由を探ります。

アムウェイはやばい?その理由は・・・

結論から申し上げて、商品の評判はまずまず良いが、ディストリビューターと呼ばれる販売員の一部の方が、行き過ぎた勧誘を行い、悪いイメージが先行しているようです。

私も過去にこの種の勧誘をうけ、嫌な思いをしたことがあるため、アムウェイのようなネットワークビジネスには非常に抵抗がありました。

妻は商品の拡販は行っておらず、商品のみを利用するユーザーということもあり、ひとつひとつの商品について私が説明をうける訳でもなく、他の日常消耗品と同じように、生活のなかで意識することなく使用してきました。

使用している商品についていずれも客観的に良い印象ですが、例えば歯磨き粉で言えば、結婚前に使用していた一般的な商品と比較し、後味感の残りが少なく、さっぱりとしていて私は気に入っています。

しかし、そのビジネスモデルについて、批判的な意見があることも事実。

もう少し深掘りし、歴史も含めて、少しひも解いていきましょう。

アムウェイの歴史とビジネスモデル

出典:Amway
出典:Amway

アムウェイ(Amway)は1959年に創業された、アメリカの企業です。

創業者はジェイ・ヴァン・アンデルとリッチ・デヴォスで、彼らはマルチレベルマーケティング(MLM)ビジネスモデルを採用していました。

このビジネスモデルは、独立した代理店(販売員)が製品を販売し、新たな代理店(販売員)を勧誘することで収益を得る仕組みです。

ねずみ講と言われることもあるようですが、ねずみ講とは違って、製品の流通を伴う違法性のないビジネスモデルです。

しかし、アムウェイの代理店(販売員)は友人や家族を勧誘することが多く、その点について議論が絶えないようです。

一例を上げると、目的を正確に伝えられずにパーティー招待され、商品の紹介やアムウェイへの勧誘が始まったなど・・・

同じことをされたら、がっかりして連絡とらないようになりますよね。

他にも、アムウェイについて、「やばい」という評判がある理由を考察します。

ダイレクトセリングの特性

  • アムウェイはダイレクトセリング(直接販売)企業であり、セミナーや勧誘活動が盛んです。
  • 成功者の登壇やセミナー後の洗脳的な雰囲気が、一部の人々に「やばさ」を感じさせているようです。

価格と質の評価

  • アムウェイの商品は高品質であると主張する人々もいますが、価格が高いと感じる人もいるようです。
  • 他社の同様の商品をより安価で入手できる場合、アムウェイの商品に対する批判が生じることもあるかと思います。

消費者庁による行政処分

2022/10/13 連鎖販売取引に関する行政処分(業務の一部停止命令および指示)を受け、以下の4つが違法行為と指摘されています。

  • 名称・勧誘目的を事前に明示しなかったこと
  • 公衆の出入りしない場所で、目的を告げずに勧誘したこと
  • 相手方に迷惑と感じさせるような方法で勧誘したこと
  • 法律で定められた「概要書面」を交付しなかったこと

消費者庁は、再発防止策を講ずるとともに、コンプライアンス体制を構築することなどを日本アムウェイに指示。

これを受け日本アムウェイは、行政処分を厳粛に受け止め、倫理綱領・行動規準の見直しや会員向けトレーニングの実施を通じて、関連法令や規則の周知とコンプライアンスの徹底を行っていく。また、違法行為の再発防止対策を講じるとともに、「インテグリティ(誠実)」と「責任」の企業価値にコミットメントし、日本の皆さまに質の高い製品とビジネスの機会を提供することを約束する。としています。

アムウェイの商品ラインナップ

アムウェイは幅広い商品を取り扱っています。

特に健康製品、美容製品、家庭用品、栄養補助食品などが中心ではないでしょうか。

アムウェイの商品自体は高品質で知られており、多くの方に支持されているようです。

私のアムウェイ商品体験

Amway products
Amway products

結婚後、私自身は知らない間に多くのアムウェイ商品を使用していました。

どの商品にも不満はなく、どちらかと言うと確かに好印象な商品が多いです。

その中でも、初めて使用した時の印象が残っている一部の商品について簡単に紹介します。

アムウェイの歯磨き粉(スプリーデント フッ素配合ハミガキ)

アムウェイの歯磨き粉「スプリーデント フッ素配合ハミガキ」は、オリジナルブランドの歯磨き粉で、アメリカ以外でもオーラルケア先進国で愛用者が多い製品のようです。

磨き上がりはツルツルになって気持ちいいですし、他の製品と違って口残りがほぼありません。

ホームページを確認したところ、研磨剤が優しめにできているようなので、その効果でしょうか?

隅々まで入り込んで、しっかりと磨けているような気がします。

また、必要以上にスースーしない点も個人的にはお気に入りです。

小学校低学年の息子にも使い始めましたが、辛さは特に感じておらず、なかなか好評です。

価格は小売価格で200g入りで690円のようですが、会員であれば510円のようです。

出典:アムウェイショッピング
出典:アムウェイショッピング
出典:アムウェイショッピング
出典:アムウェイショッピング

アムウェイのシャンプー「サテニーク」について

アムウェイのシャンプー「サテニーク」は、オリジナルブランドのヘアケア製品で、髪のお悩み別に複数のシリーズがあるようです。

使用感は、指通りがよくいつまでもサラサラとして気持ち良いです。

価格は小売価格で750ml入りで4,550円のようですが、会員であれば3,370円のようです。

一人暮らしの長かった私にとっては高級シャンプー過ぎて、私のみ、市販のシャンプーを普段は使用しています。

だからこそ、たまに使用した時にその違いを感じますね。

出典:アムウェイショッピング
出典:アムウェイショッピング

アムウェイの浄水器「eSpring浄水器」について

アムウェイの浄水器「eSpring浄水器」は、オリジナルブランドのホームウォーターシステムで、水道水の臭みが全くせず、口当たりもまろやかに感じ、初めて飲んだ時は本当に驚きました。

一人暮らし時代に当時彼女だった妻が持ち歩いていた水を何気なく飲んだことがきっかけですが、「何この水?めっちゃ飲みやすいね」感動し、価格はそれなりにしましたが、一人暮らしのぼろアパート時代に購入しました。

価格は保証とフィルターの定期配送付きで

  • 据置型:
    • 製品価格: 126,550円(アムウェイ会員価格) / 170,840円(標準価格)
  • ビルトイン型:
    • 製品価格: 150,460円(アムウェイ会員価格) / 203,130円(標準価格)
出典:アムウェイショッピング
出典:アムウェイショッピング
出典:アムウェイショッピング
出典:アムウェイショッピング

他にも、入浴剤、食品(塩、油、マヨネーズほか)など多く使用していますが、どの商品にも満足しています。

妻は、美容製品や化粧品などで、他メーカーとの違いを感じているようです。

化粧品の価格を妻に確認したところ、安くはないが特別高い訳でもないようです。

私達家族は、商品に対する不満はなく満足していることから、今後もいちユーザーとして使用していくつもりです。

まとめ

アムウェイやばい?その理由と歯磨き粉やシャンプーなど商品についてレビューを紹介しました。

結論として、商品の性能・評価は悪くはないが、一部の販売員が自己利益のために無理やりの勧誘を行っていたことも事実としてあり、消費者庁からの行政処分をうけたことも、ネガティブなイメージの要因だと思われます。

アムウェイ商品のレビューとしては、クチコミを確認しても良い印象を持っている方が多かったことから、本当にもったいないことです。

総じて、アムウェイには賛否両論があり、個々の経験や価値観によって評価が分かれていると理解しました。

大切なことは、自分自身で商品の質やビジネスモデルについて考え、自分に合った選択をしていくことではないでしょうか。

コメント